通販でCBDオイルを購入する場合はこんな点に注目!

疾患や美容に効果が得られると「CBDオイル」が人気ですが、このオイルが産業用大麻から製造されていると聞くと不安を感じたり違法性を疑う人もいるかもしれませんね。
しかし、CBDオイルにはマリファナのような幻覚作用などを引き起こす成分は含まれていないので問題ありません。

CBDオイルは日本で製造されていない

マリファナなど違法大麻とは異なり産業用大麻には幻覚作用などを起こすTHCという成分がほとんど含まれていないだけでなく、THCは葉や花の部分に含まれているのに対してCBDオイルは茎や種子から抽出します。
したがって、CBDオイルは日本国内で所持、使用が可能なのです。

ただし、CBDオイルを入手するには正規代理店を介して海外から輸入された商品を購入する必要があります。
というのも、日本国内でCBDオイルの製造はされていないからです。
その理由として日本国内には「大麻取り締まり法」があり、産業用大麻とはいえ自由に栽培することはできず栽培免許を取得しなければならないからです。
免許を取得してもいろいろと面倒なことも多いため、国内で製造するメーカーは存在していないのが現状なのです。

CBDオイルの種類

通販でCBDオイルを入手する際にはいくつかの種類があるので、知っておくといいでしょう。
CBDオイルの一般的な使用方法は、スポイトで吸い上げ舌下に垂らすというものです。
この方法は容量を調整しやすいのがメリットですが、製品によっては独特の味がするので好みが分かれる点が挙げられます。
CBDの含有量の多い「メディカルグレードタイプ」というものもあり、濃度が高いので効果を実感しやすいのですが、価格がかなり高くなってしまうのがデメリットといえます。
他に、経口摂取するのでなくタバコのように吸引する「ヴェポライザータイプ」もあります。
これのメリットは即効性に優れていることやコストパフォーマンスがよいことですが、ヴェポライザーという道具が別途必要になることや喫煙行為に慣れていない人は扱いにくいこと、禁煙環境内での使用はできないことなどがデメリットとなります。

オススメのCBDオイル

日本でも、数多くのメーカーのCBDオイルを、通販で気軽に購入できるようになりました。
みなさんの中にも、実際に購入している方もいるでしょう。
ここではオススメのCBDオイルを紹介します。

ヘンプコンプリートオイル

まずは「ヘンプコンプリートオイル」です。
ヘンプコンプリートCBDオイルは、その主成分はエッセンシャルオリーブオイルになっています。
また、カンナビジオール酸「CBDA」と、カンナビジオール「CBD」が、半々の割合で配合されているのが特徴です。
このうちカンナビジオール酸というのは、産業用大麻から抽出したエキスのことです。
なお、CBDA成分の効果は、CBDの効果と比べて高いと言われています。

ヘンプブレインパワーオイル

次はヘンプブレインパワーCBDオイルで、こちらはヘンプシードオイルとカンナビノイド成分が主な成分です。
このオイルは他社の製品と比べ、大きな特徴があります。
それが製品に含まれている成分であり、ヘンプブレインパワーオイルには、アスタキサンチン、ヘリクリサム、MCTオイルの成分を配合しています。
これにより、より高い抗酸化作用を期待できます。
免疫力を上げるには抗酸化成分が大きな役割を果たしてくれますが、ヘンプブレインパワーCBDオイルの摂取でそれが可能です。
抗酸化物質を多く摂取すれば体内の活性酸素が少なくなり、免疫細胞が活性化してきます。
このように様々な効能がありますので、CBDオイル選びに迷っている方にオススメです。
その他にも様々な製品がありますので、これから利用する方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

ネット通販で気軽に購入できます

ガン細胞抑制、リラックス効果など、数多くのメリットを期待できるのがCBDオイルです。
最近はインターネット通販でも気軽に購入できますので、興味のある方にオススメです。

CBDオイル購入の際の注意ポイント

CBDオイルは日本国内では製造されていないために、入手するには正規代理店を通じて海外から輸入された製品を購入するしかありません。
ここでは、その際の注意点をいくつか紹介しておきましょう。

CBD純度に注目

まず、CBDの純度に注意する必要があります。
CBDオイルは産業用大麻の茎や種子から抽出しますが、その際に二酸化炭素抽出法というやり方で自然のままのかたちで製品化しているものが多くを占め、これらの製品は「RAW(生)」タイプや「CBDa」と呼ばれます。
もうひとつのタイプが抽出された成分を精製して純度を極限まで高めたCBD結晶粉末や、それを溶かした製品です。
それぞれのメリットとデメリットを紹介すると、前者のメリットは大麻草の自然な状態で摂取できることが挙げられ、デメリットは青臭い風味があることでしょう。
後者は無味・無臭なので摂取しやすい点はメリットですが、CBD意外の成分が摂取できない点がデメリットとなります。
どちらのほうがいいのかについては結論が出ていなので、好みや予算などに合わせて選ぶといいでしょう。

容量と濃度に注目

次に、容量と濃度についてのチェックも重要です。
製品の価格は安ければ数千円、高くなると数万円から数十万円と大きな差がありますが、この違いのほとんどはCBDの濃度によるものでもちろん濃度の高いほうが価格も高くなります。
CBDオイルは液体タイプが一般的で、それぞれの製品には液体全体の容量と含有されるCBD容量、そしてその2つから計算された濃度が表記されています。
たとえば、ある製品は液体の容量が10mlでCBD容量が500㎎、そして濃度は5パーセント、別の製品では液体容量は240ml、CBD容量は5000㎎なので濃度は2パーセントといった具合です。
濃度が高いければ摂取量が少なくてすみますから、容量と濃度の関係を考えてコストパフォーマンスの高いほうを選ぶほうがお得だということです。

CBDオイルを利用するメリット

今、話題のCBDオイル、興味がある人も多いのではないでしょうか。
このカンナビジオールには様々なメリットがありますので、それも要因の1つになっているのでしょう。
ここでは、CBDオイルのメリットについて紹介します。

THC「テトラヒドロカンナビノール」との違い

カンナビジオールを利用するメリットの前に、THCとの違いについて触れてみます。
大麻植物の主成分は、CBD「カンナビジオール」とTHC「テトラヒドロカンナビノール」に分かれます。
このうち、一般的な大麻作用として知られている成分がTHCになります。
THCには精神活性作用がありますが、日本には厳格な法律の規定があります。
また、大麻成分のうちおよそ40%を占めているのがCBDであり、こちらは日本でも合法です。
そのため、日本ではこのCBDオイルが主に利用されているのです。

CBDオイルを利用するメリット

カンナビジオールには様々なメリットがあり、それらをまとめてみると次のようになります。

  • ガン、てんかんなど、様々な病状の改善効果
  • 脳細胞の炎症改善効果
  • 寝付きが良くなるなど、睡眠の質の改善効果
  • アトピーなど、肌トラブル改善効果
  • リラクゼーション効果
  • 食欲増進効果

など、CBDオイルには様々なメリットがあります。
もちろん個人差がありますが、それらメリットを実感している人も少なくありません。
しかし、最大のメリットは、何と言っても天然成分であることです。
オイルは天然成分でできていますので、副作用の心配がありません。
そのため誰でも、安心安全に利用できます。

メリットが多いです

CBDオイルには様々な効用があり、利用するメリットが多いことでも知られています。
日本でも多くの人たちが利用しており、インターネット通販などでも簡単に購入できます。
みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。

CBDオイルを利用するデメリット

医療現場などでも利用されるなど、話題の成分がCBDです。
このCBDオイルはインターネット通販でも購入でき、実際に試している人も少なくありません。
利用するメリットが多いのがその理由でもありますが、デメリットの確認も忘れないでください。

CBDオイルを利用するデメリット

CBDオイルにはメリットが多いことで知られていますが、いくつかデメリットもあります。
そのため、これから利用する人は、その点についても理解しておきましょう。
さて、気になるCBDのデメリットですが、次の点が挙げられます。

  • 人によってはあまり効果がないことがある
  • カンナビジオールの種類によっては価格が高い

などの点です。

このようにデメリットがありますので、利用する前に頭に入れておきましょう。
このうち効果については個人差がありますので、一概には言えません。
そのため、まずは試してみることも大切です。
何にしてもそうですが、ある程度の効果を実感するには継続して摂取することが大切です。
特にカンナビジオールの場合、30日間程度体内に有効成分を滞在させることが、効果を高める秘訣とも言われています。
そのため、効果がないからと言ってすぐに諦めないで、一定期間は継続してみましょう。
また、価格ですが、安い高いと感じるのは人それぞれです。
ですので、高いと感じるのであれば、他の種類のオイルを探してみるのも1つの方法です。
インターネット通販には様々な種類のオイルがありますので、一度確認しておくといいでしょう。

まずは試してみましょう

カンナビジオールには多くのメリットがありますが、その一方でデメリットも存在します。
ただ、このデメリットは人にもよりますので、まずは一度試してみるのが一番です。
そうすることで、メリットに変えることができるかもしれません。

CBDオイルは何がどう効くの?

CBDオイルとは、医療用ヘンプの主成分であるCBDを含有するオイルです。
CBD(カンナビジオール)は産業用大麻から抽出された成分で、医療分野だけでなく美容分野でも大いに注目を集めています。

CBDオイルは合法

ただ、中には「大麻」ということでマリファナを連想してしまう人もいるでしょうし、不安を感じたり違法ではないのかと思う人もいるに違いありません。
CBDを抽出する産業用大麻にはそもそも精神作用や幻覚作用を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)といった成分はほとんど含まれていないのです。
さらにTHCは花の部分に多く含まれる成分ですが、CBDを抽出する茎や種子には含まれていないためにそのような作用を引き起こす心配はありません。
医療大国であるアメリカでは医療現場でも活躍していますし、日本国内での所持や使用も問題ありません。

CBDの効果・効能

人の身体の中には「ECS(エンド・カンナビノイド・システム)という機能が生まれながらに備わっています。
これは免疫機能や運動機能、食欲、痛み、感情制御、認知機能、神経保護、発達と老化などの機能を司っており、細胞間のコミュニケーションを行なうわれわれが生きるために不可欠な役割を持っています。
しかし日々のストレスや老化によってECSの働きが弱まってしまうことでさまざまな疾患を引き起こしてしまうのですが、ECSに働きかけてくれるのがCBDなのです。

現在われわれが手に入れることができるのは産業用大麻の茎や種子から抽出した成分であるCBDを引用可能な状態に加工したオイルで、栄養補助食品、あるいは健康食品という扱いになります。
また、アンチエイジングや美肌などにも効果が期待できると美容製品としても使用されています。

CBDオイルは医療にも美容にも効果が期待できる

CBDオイルと聞いてもピンとこない人も少なくないかもしれませんが、産業用大麻の茎や種子から抽出されたもので、海外では医療や美容に大いに使用されています。
けれども、原材料が大麻ということで不安を覚えたり違法なものではないのかと思う人もいるでしょう。

マリファナとCBDオイルの違い

しかし「麻薬」を作る大麻とは違い産業用大麻にはマリファナといった幻覚作用や精神作用を引き起こすような成分はあまり含まれていません。
さらに使用する茎や種子にもそれらの成分は含有されていないために身体への悪影響や法律的な問題はありません。
大麻に含まれる「カンナビノイド」という成分の中の「THC(テトラヒドカンナビノール)」には精神作用があるために違法とされますが、CBDオイルに含まれる「CBD(カンナビジオール)」にはそういった作用を引き起さないのです。
それどころか、CBDオイルは身体によい、疾患の改善に効果的、美容的にも期待できるとされています。

医療に、美容に

たとえば医療大国であるアメリカではガンやてんかんといった疾患の治療などにも使用されています。
リラックス効果もあるためにうつ病や不眠症などの精神の不安定さが原因の症状の改善などにも役立つといわれていますし、高血圧や動脈硬化の改善、糖尿病などの多くの疾患に効果的があるとも期待されています。
他にもアトピーの炎症部分への塗布により症状の改善が見られるといった報告もあり、これはCBDオイルの保湿力と浸透力の優秀さが理由と考えられます。
これらの性質によりCBDオイルは基礎化粧品やエステのマッサージオイルなどにも使用されているだけでなく、服用することでアンチエイジング作用も期待できます。
このように、今やCBDオイルは医療や美容現場において大いに注目を集めているのです。

CBDオイルの種類

医療現場などでも利用されているCBD「カンナビジオール」、このオイルには様々な種類があります。
ここでは、その種類について紹介します。
オイルの利用が初めての方は参考にしてみてください。

液状タイプ

まずは液状タイプであり、これはCBDオイルの中でも最も一般的なものです。
液状タイプのオイルはチンキタイプと呼ばれることもあり、利用する際は、スポイドなどで液体を吸い上げて患部に垂らします。
液状タイプを利用するメリットですが、使用量がわかりやすいことです。
また、経口摂取になりますので、より効果を実感しやすくなります。
しかし、CBDオイルはかなりクセのある味ですので、そのままで服用すると苦手意識を持ってしまうかもしれません。

メディカルグレードタイプ

次はメディカルグレードタイプです。
CBDオイルには液体のイメージがありますが、こちらのタイプは半固形となっています。
メディカルグレードという名前ですが、他のタイプより濃度が高いからです。
このように濃度が高いので必然的に価格も高くなりますが、その分、より高い効果を期待できます。

ヴェポライザータイプ

最後はヴェポライザータイプのオイルで、これはいわゆる電子タバコのことです。
電子タバコを利用して、カンナビジオールを水蒸気にして吸引する製品になります。
タバコと聞くと健康被害をイメージする人も多いと思いますが、一般的なタバコのような症状はありません。
もちろん、ニコチンも含まれていませんので安心して利用できます。
その他にも様々なオイルがあり、それぞれに特徴があります。

カンナビジオールには様々な種類があります

ガンなどの病気への効果を期待できるCBDオイル、このオイルには様々な種類があります。
また、それぞれに、メリットデメリットがありますので、利用する際はその内容の理解も必要です。

CBDオイルの効能

大麻草に含まれている化学成分の1つであるCBD「カンナビジオール」、医療の現場でも使用されています。
CBDは様々な症状に対する効果が期待されており、注目の成分として話題になっています。
ここでは、CBDオイルの効能を紹介します。

ガン治療の効果

ここ最近の研究では、CBDオイルにはガン細胞の増殖抑制や、ガン細胞の細胞死に効果があることがわかりました。
このようにガン治療に効果的ですので、医療現場での利用が期待されています。
また、試験管の中で培養した乳ガンの悪性細胞が減少した、という研究報告もあります。
それ以外にも、ガン細胞の転移抑制や、抗がん剤に対する様々な副作用の軽減効果なども報告されており、将来への期待が高まります。
CBDオイルはガン抑制に大きな効能がありますので、気になる方は一度その内容をチェックしておくといいでしょう。

食欲増進効果

カンナビジオールには、食欲増進作用もあります。
ガン患者、あるいはエイズ患者など、患者さんの中には食欲や体力低下に悩まされる人も少なくありません。
食欲低下や体力低下が進むとますます症状が悪化してしまいますので、早めの対処が必要です。
そういう時に力を発揮してくれるのが、カンナビジオールなのです。
CBDには食欲増進作用がありますので、摂取することで食欲と体力が回復する可能性があります。
そしてその結果、病状の改善も期待できます。

このようにカンナビジオールには、様々な疾患に対して症状改善の効果があります。
その他にも、統合失調症やてんかんの治療などにも利用されています。

様々な効能があります

様々な効能があることで知られているCBDオイル、医療現場でも様々な場面で活躍しています。
食欲や体力増加の作用もありますので、一度試してみる価値はあるでしょう。

CBDオイルには種類があるので要注意

産業用大麻の茎や種子から抽出された「カンナビジオール」という成分を引用できるように加工したものをCBDオイルといいます。
近年CBDオイルが持つ医療や美容に対する効果や効能が大いに注目を集めており、使用する人も増えています。

CBDオイルは合法なので安心

しかし、大麻から抽出された成分と聞くと不安を感じたり違法なのではないかと?思う人もいるかもしれませんが、CBDオイルを抽出する産業用大麻はいわゆるマリファナといった麻薬を作る大麻とは異なる種類です。
したがって、マリファナが生じさせるような幻覚作用などを引き起こすことはありません。
また大麻の葉や花の部分に含まれる「THC」という成分がマリファナの幻覚作用などを生じさせますが、CBDオイルを抽出する茎や種子にはTHCの成分はほとんど含まれていません。
海外においてはTHCは医療用などで使用されることがありますが、日本では大麻取締法によって規制されています。
一方、CBDは成分も効果もTHCとは全く異なるために、日本国内においても所持、使用することに何の問題もないのです。
ただし、CBDオイルを日本国内で製造することは認められていないので、入手するためには海外から国内の正規代理店を介する必要があります。

CBDオイルの種類

CBDオイル商品には、一般向けと医療用があります。
この2つの違いは主にCBDの含有量によるもので、一般向けが数パーセントの含有率に比べて医療用は20パーセント以上と非常に高濃度になっています。
もちろん価格は医療用のほうがかなり高くなっていますが、私たちがCBDオイルを使用する場合は一般向けで十分かと思います。

同じように大麻の種子から油を搾った「ヘンプオイル」というものがあります。
製造方法の違いによりヘンプオイルにはCBDが含まれておらず、こちらは料理に使用します。