CBDオイルは何がどう効くの?

CBDオイルとは、医療用ヘンプの主成分であるCBDを含有するオイルです。
CBD(カンナビジオール)は産業用大麻から抽出された成分で、医療分野だけでなく美容分野でも大いに注目を集めています。

CBDオイルは合法

ただ、中には「大麻」ということでマリファナを連想してしまう人もいるでしょうし、不安を感じたり違法ではないのかと思う人もいるに違いありません。
CBDを抽出する産業用大麻にはそもそも精神作用や幻覚作用を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)といった成分はほとんど含まれていないのです。
さらにTHCは花の部分に多く含まれる成分ですが、CBDを抽出する茎や種子には含まれていないためにそのような作用を引き起こす心配はありません。
医療大国であるアメリカでは医療現場でも活躍していますし、日本国内での所持や使用も問題ありません。

CBDの効果・効能

人の身体の中には「ECS(エンド・カンナビノイド・システム)という機能が生まれながらに備わっています。
これは免疫機能や運動機能、食欲、痛み、感情制御、認知機能、神経保護、発達と老化などの機能を司っており、細胞間のコミュニケーションを行なうわれわれが生きるために不可欠な役割を持っています。
しかし日々のストレスや老化によってECSの働きが弱まってしまうことでさまざまな疾患を引き起こしてしまうのですが、ECSに働きかけてくれるのがCBDなのです。

現在われわれが手に入れることができるのは産業用大麻の茎や種子から抽出した成分であるCBDを引用可能な状態に加工したオイルで、栄養補助食品、あるいは健康食品という扱いになります。
また、アンチエイジングや美肌などにも効果が期待できると美容製品としても使用されています。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です