CBDオイルは医療にも美容にも効果が期待できる

CBDオイルと聞いてもピンとこない人も少なくないかもしれませんが、産業用大麻の茎や種子から抽出されたもので、海外では医療や美容に大いに使用されています。
けれども、原材料が大麻ということで不安を覚えたり違法なものではないのかと思う人もいるでしょう。

マリファナとCBDオイルの違い

しかし「麻薬」を作る大麻とは違い産業用大麻にはマリファナといった幻覚作用や精神作用を引き起こすような成分はあまり含まれていません。
さらに使用する茎や種子にもそれらの成分は含有されていないために身体への悪影響や法律的な問題はありません。
大麻に含まれる「カンナビノイド」という成分の中の「THC(テトラヒドカンナビノール)」には精神作用があるために違法とされますが、CBDオイルに含まれる「CBD(カンナビジオール)」にはそういった作用を引き起さないのです。
それどころか、CBDオイルは身体によい、疾患の改善に効果的、美容的にも期待できるとされています。

医療に、美容に

たとえば医療大国であるアメリカではガンやてんかんといった疾患の治療などにも使用されています。
リラックス効果もあるためにうつ病や不眠症などの精神の不安定さが原因の症状の改善などにも役立つといわれていますし、高血圧や動脈硬化の改善、糖尿病などの多くの疾患に効果的があるとも期待されています。
他にもアトピーの炎症部分への塗布により症状の改善が見られるといった報告もあり、これはCBDオイルの保湿力と浸透力の優秀さが理由と考えられます。
これらの性質によりCBDオイルは基礎化粧品やエステのマッサージオイルなどにも使用されているだけでなく、服用することでアンチエイジング作用も期待できます。
このように、今やCBDオイルは医療や美容現場において大いに注目を集めているのです。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です