通販でCBDオイルを購入する場合はこんな点に注目!

疾患や美容に効果が得られると「CBDオイル」が人気ですが、このオイルが産業用大麻から製造されていると聞くと不安を感じたり違法性を疑う人もいるかもしれませんね。
しかし、CBDオイルにはマリファナのような幻覚作用などを引き起こす成分は含まれていないので問題ありません。

CBDオイルは日本で製造されていない

マリファナなど違法大麻とは異なり産業用大麻には幻覚作用などを起こすTHCという成分がほとんど含まれていないだけでなく、THCは葉や花の部分に含まれているのに対してCBDオイルは茎や種子から抽出します。
したがって、CBDオイルは日本国内で所持、使用が可能なのです。

ただし、CBDオイルを入手するには正規代理店を介して海外から輸入された商品を購入する必要があります。
というのも、日本国内でCBDオイルの製造はされていないからです。
その理由として日本国内には「大麻取り締まり法」があり、産業用大麻とはいえ自由に栽培することはできず栽培免許を取得しなければならないからです。
免許を取得してもいろいろと面倒なことも多いため、国内で製造するメーカーは存在していないのが現状なのです。

CBDオイルの種類

通販でCBDオイルを入手する際にはいくつかの種類があるので、知っておくといいでしょう。
CBDオイルの一般的な使用方法は、スポイトで吸い上げ舌下に垂らすというものです。
この方法は容量を調整しやすいのがメリットですが、製品によっては独特の味がするので好みが分かれる点が挙げられます。
CBDの含有量の多い「メディカルグレードタイプ」というものもあり、濃度が高いので効果を実感しやすいのですが、価格がかなり高くなってしまうのがデメリットといえます。
他に、経口摂取するのでなくタバコのように吸引する「ヴェポライザータイプ」もあります。
これのメリットは即効性に優れていることやコストパフォーマンスがよいことですが、ヴェポライザーという道具が別途必要になることや喫煙行為に慣れていない人は扱いにくいこと、禁煙環境内での使用はできないことなどがデメリットとなります。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です