通販でCBDオイルを購入する場合はこんな点に注目!

疾患や美容に効果が得られると「CBDオイル」が人気ですが、このオイルが産業用大麻から製造されていると聞くと不安を感じたり違法性を疑う人もいるかもしれませんね。
しかし、CBDオイルにはマリファナのような幻覚作用などを引き起こす成分は含まれていないので問題ありません。

CBDオイルは日本で製造されていない

マリファナなど違法大麻とは異なり産業用大麻には幻覚作用などを起こすTHCという成分がほとんど含まれていないだけでなく、THCは葉や花の部分に含まれているのに対してCBDオイルは茎や種子から抽出します。
したがって、CBDオイルは日本国内で所持、使用が可能なのです。

ただし、CBDオイルを入手するには正規代理店を介して海外から輸入された商品を購入する必要があります。
というのも、日本国内でCBDオイルの製造はされていないからです。
その理由として日本国内には「大麻取り締まり法」があり、産業用大麻とはいえ自由に栽培することはできず栽培免許を取得しなければならないからです。
免許を取得してもいろいろと面倒なことも多いため、国内で製造するメーカーは存在していないのが現状なのです。

CBDオイルの種類

通販でCBDオイルを入手する際にはいくつかの種類があるので、知っておくといいでしょう。
CBDオイルの一般的な使用方法は、スポイトで吸い上げ舌下に垂らすというものです。
この方法は容量を調整しやすいのがメリットですが、製品によっては独特の味がするので好みが分かれる点が挙げられます。
CBDの含有量の多い「メディカルグレードタイプ」というものもあり、濃度が高いので効果を実感しやすいのですが、価格がかなり高くなってしまうのがデメリットといえます。
他に、経口摂取するのでなくタバコのように吸引する「ヴェポライザータイプ」もあります。
これのメリットは即効性に優れていることやコストパフォーマンスがよいことですが、ヴェポライザーという道具が別途必要になることや喫煙行為に慣れていない人は扱いにくいこと、禁煙環境内での使用はできないことなどがデメリットとなります。

オススメのCBDオイル

日本でも、数多くのメーカーのCBDオイルを、通販で気軽に購入できるようになりました。
みなさんの中にも、実際に購入している方もいるでしょう。
ここではオススメのCBDオイルを紹介します。

ヘンプコンプリートオイル

まずは「ヘンプコンプリートオイル」です。
ヘンプコンプリートCBDオイルは、その主成分はエッセンシャルオリーブオイルになっています。
また、カンナビジオール酸「CBDA」と、カンナビジオール「CBD」が、半々の割合で配合されているのが特徴です。
このうちカンナビジオール酸というのは、産業用大麻から抽出したエキスのことです。
なお、CBDA成分の効果は、CBDの効果と比べて高いと言われています。

ヘンプブレインパワーオイル

次はヘンプブレインパワーCBDオイルで、こちらはヘンプシードオイルとカンナビノイド成分が主な成分です。
このオイルは他社の製品と比べ、大きな特徴があります。
それが製品に含まれている成分であり、ヘンプブレインパワーオイルには、アスタキサンチン、ヘリクリサム、MCTオイルの成分を配合しています。
これにより、より高い抗酸化作用を期待できます。
免疫力を上げるには抗酸化成分が大きな役割を果たしてくれますが、ヘンプブレインパワーCBDオイルの摂取でそれが可能です。
抗酸化物質を多く摂取すれば体内の活性酸素が少なくなり、免疫細胞が活性化してきます。
このように様々な効能がありますので、CBDオイル選びに迷っている方にオススメです。
その他にも様々な製品がありますので、これから利用する方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

ネット通販で気軽に購入できます

ガン細胞抑制、リラックス効果など、数多くのメリットを期待できるのがCBDオイルです。
最近はインターネット通販でも気軽に購入できますので、興味のある方にオススメです。

CBDオイル購入の際の注意ポイント

CBDオイルは日本国内では製造されていないために、入手するには正規代理店を通じて海外から輸入された製品を購入するしかありません。
ここでは、その際の注意点をいくつか紹介しておきましょう。

CBD純度に注目

まず、CBDの純度に注意する必要があります。
CBDオイルは産業用大麻の茎や種子から抽出しますが、その際に二酸化炭素抽出法というやり方で自然のままのかたちで製品化しているものが多くを占め、これらの製品は「RAW(生)」タイプや「CBDa」と呼ばれます。
もうひとつのタイプが抽出された成分を精製して純度を極限まで高めたCBD結晶粉末や、それを溶かした製品です。
それぞれのメリットとデメリットを紹介すると、前者のメリットは大麻草の自然な状態で摂取できることが挙げられ、デメリットは青臭い風味があることでしょう。
後者は無味・無臭なので摂取しやすい点はメリットですが、CBD意外の成分が摂取できない点がデメリットとなります。
どちらのほうがいいのかについては結論が出ていなので、好みや予算などに合わせて選ぶといいでしょう。

容量と濃度に注目

次に、容量と濃度についてのチェックも重要です。
製品の価格は安ければ数千円、高くなると数万円から数十万円と大きな差がありますが、この違いのほとんどはCBDの濃度によるものでもちろん濃度の高いほうが価格も高くなります。
CBDオイルは液体タイプが一般的で、それぞれの製品には液体全体の容量と含有されるCBD容量、そしてその2つから計算された濃度が表記されています。
たとえば、ある製品は液体の容量が10mlでCBD容量が500㎎、そして濃度は5パーセント、別の製品では液体容量は240ml、CBD容量は5000㎎なので濃度は2パーセントといった具合です。
濃度が高いければ摂取量が少なくてすみますから、容量と濃度の関係を考えてコストパフォーマンスの高いほうを選ぶほうがお得だということです。